自分の印鑑は覚えないと駄目です

イメージ画像

実印や銀行印を作ろうと考えると、他の人に使われないようなこだわったものを用意する人も多いことでしょう。
こだわりの書体をつかうと、私達が普通には読めないようなものもあり印鑑から名字を判断することさえ難しくなります。

こういった印鑑をつくる場合に、注意しなければいけないことがあります。
それは、自分の持っている印鑑の印は、自分でしっかりと覚えておかなければならないということです。
日ごろ他人の印鑑を持つような機会はありませんから、間違って押してしまうようなことはまず無いでしょう。

ですが、何らかの書類を見たときに、そこに押してある印鑑が誰のものかをすぐに判断できなければ、手続きが難しくなってしまうようなことがあります。
たとえ書体が難しく、読むのが困難な印鑑であったとしても自分のものだけはしっかりと覚えておかなければ大きな問題となります。
もし誤って、他人に自分の印鑑を使われたとしてもその事実にさえ気づかないような可能性だってあるわけです。
自分の印の特徴をみつけて、すぐ判断できるようにしておくといいでしょう。
天地を間違えてしまうような場合もありますので、その点も気をつけることが大切です。

また、最近では銀行印の偽造防止を避けるために通帳に印をつけてないものが増えています。
そのため、自分自身で登録した印鑑を覚えていなければお金の出し入れさえも出来なくなってしまいます。
自分の印鑑は、自分の頭への記憶も含めてしっかと管理しておくことが重要なのです。

印鑑を使う目的
http://www.actionnw.net/
印鑑は重要
http://www.allyoucaneatlovediet.com/

このページの先頭へ