重要な場面で印鑑が必要になる前に

印鑑イメージ

自分は、印鑑についての知識があまり無いのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

たしかに、大人にとっては欠かせないアイテムと入ってもその利用方法をどこかで学ぶようなものでもありませんから、油断していると、正しい知識を持たないまま成人をして、仕事についてしまうことだってあるのです。

ですが、長く生きていけば、必ず重要な場面で印鑑が必要になることがでてくるものです。

たとえそれほど重要な場面でなかったとしても印鑑は常日頃から、利用する機会は多いものです。 そういった場合、どの印鑑を使っていいのか迷っているようなら知識的にはかなり浅いと考えていいでしょう。

重要な場面で間違った使い方をしないように、早いうちに、印鑑について知っておくほうが安全ですね。 誰かに聞くのが恥ずかしいと思ったら、まずは親に聞いてみるといいでしょう。

長く生きていればいるほど、印鑑を使っている機会も多いでしょうから、最低限の印鑑の知識は身につけることが出来るはずです。 それさえ知っておけば、普段わたしたちが印を求められるような場面で、間違える可能性というのはほとんどなくなるでしょう。

ただし、会社に関係するような印鑑をもつようになれば話は別です。 個人の印鑑とは形だって役割だって異なってきますから、自分で会社を始めるような場合は、しっかりとした知識を得るようにしておきましょう。 自分のまわりに、そういった経験がある人がいれば、アドバイスを受けるのもいいことですね。

〔友人と情報交換〕

引用:

生まれてから、私は一度も自分で印鑑を買った事がありません。
唯一、認印だけは持っていますが、高校の卒業時に学校から貰ったものです。
その認印だけで、何とか25歳まで過ごしてきました。

リンク先:印鑑セットが待ち遠しい

ページの先頭へ