自分の住んでいる地域のマーク

街の中イメージ

私達が普段住んでいる県や市、町などにはそれぞれきまったしるしがあることをご存知でしょうか。
これらは、県章、市章などといわれ、その県や市、町が関わる場所で使われています。
マンホールのふたなどにも書かれていることがありますから、街の中でも見かけるところは多いはずですよ。

これらは当然、私達一般の人間が勝手に使うことは出来ません。
使用の場合はしっかりと許可を得る必要があります。

他の人の印鑑を勝手に使ってはいけないのと同じですね。
全部の県、全部の市、全部の町…と考えていくとその数はかなりのものになるでしょう。
自分の住んでいる地域がどのマークなのかもイマイチわからないという人もいるかもしれません。

私達の使うような印鑑と違い、名前が入っているということはほとんどありませんから、それらを見分けるのは大変です。
これらを当てるようなクイズがあったら、ほとんどの人が間違えてしまうかもしれませんね。
県や市でしるしがあるわけですから、個人でもしるしがあり、会社でも、お店でもそれぞれのしるしがあるわけです。

そう考えると、印鑑というものは誰でも持っていて、とても大事なものだということを改めて感じますね。
何度もそのしるしを変えてしまえば、本人だけのしるしという役割が薄くなってしまいますし、登録しているな用も全て変えなくてはいけません。

たくさんある登録内容を全て把握するのは県や市では不可能に近いでしょう。
そのため、昔作られたしるしがそのまま今も変わることなく使われているのです。

〔開運と風水の印鑑〕

知っているようで、なかなか知らない印鑑の掃除についての記事です。

引用:

名前と印鑑は、切っても切れない関係ですよね。
実際、生まれて親から名付けて貰った名前は、必ず印鑑で作りますから…。

印鑑の掃除についてよく書かれた記事です。
リンク先:風水と印鑑

ページの先頭へ